MENU

活動概要・ご挨拶

LEADS TO THE OCEANとは

スポーツと清掃活動を軸に、
海・自然環境への意識を高め、
次世代に美しい自然を残すためのプロジェクト

海ゴミは、街からもやってきます。
つまりスタジアム周りがキレイになれば、
海にいくゴミを減らすことができます。
その活動の中で、海へ関心が高まり、
同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が
広がっていけばと願います。

LEADS TO THE OCEAN プロジェクトとは、日本語で「海に続く」という意味です。
海の状況は、ここ数年のエコブームなどがありながらも、海岸に流れ着くゴミの量は減少しておらず、継続して環境が悪化しており、太平洋ベルトと呼ばれるエリアでは、浮遊したプラスチックなどの破片が大量に漂っています。
海ゴミは、人間の生活から出たゴミでいっぱいで増え続けています。
「人間の生活」と「自然」の繋がりは、どんどん離れていく現代で、どのように「海に流れるゴミを減らし」「生活と海、自然との距離を縮められるか!?」を考えていました。

そこで、本来の美しい海・環境を次世代に、より良い形で引き継いでいけるよう、湘南・江の島にて12年間ビーチクリーンを行い清掃活動へのイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体『NPO法人 海さくら』と、日本最大の民間財団として半世紀以上、海の問題や社会課題の解決に取り組んでいる『日本財団』がタッグを組み、「海と日本プロジェクト」の一環として、LEADS TO THE OCEANプロジェクトを実施することになりました。
2015年「湘南ベルマーレ」から始まり、2016年7月から「セレッソ大阪」「V・ファーレン長崎」「福島ユナイテッドFC」も加わりました。そして、2017年7月から、「横浜F・マリノス」「川崎フロンターレ」「横浜FC」も加わりJリーグ7チームとこのプロジェクトを実施することになりました。皆様がこのプロジェクトを通じて、海・自然について何か考えるキッカケとなり、より良い形で海を引き継いでいければと願います。どうぞよろしくお願いいたします。

ご挨拶

川崎フロンターレ

株式会社 川崎フロンターレ 代表取締役社長 藁科義弘

株式会社 川崎フロンターレ
代表取締役社長 藁科義弘

私たち川崎フロンターレは、神奈川県川崎市をホームタウンとして活動するサッカークラブです。クラブ創設以来地域のみなさまとともに歩んでいくことが何よりも大切であると考え、地域に密着した活動を行ってまいりました。活動の中には、川崎フロンターレ選手会主催のゴミ拾い活動「多摩川エコラシコ」があります。選手をはじめ、サポーターや地域の方と協力し、多摩川の清掃活動を行っています。多摩川の清流にゆらゆらと水草が茂り、たくさんの魚たちがたわむれることを願い、また、活動を通じて多摩川の生態系を学ぶことも目指しています。そんな折、海さくらさんの活動にお誘いいただきました。私たちの活動で海や町がキレイになることはもちろんですが、代表の古澤さんの熱意を強く感じ、一緒に活動させていただくことになりました。川崎フロンターレのファン・サポーターの方はもちろん、等々力競技場に来ていただいたみなさまと共に、みんなで一緒に活動していきたいと思います。よろしくお願いします!

海さくら

NPO法人 海さくら代表 古澤純一郎

NPO法人 海さくら代表
古澤純一郎

「フロンターレ」はイタリア語で「正面の、前飾り」を意味しています。正面から正々堂々と戦う姿勢を表しているそうです。我々NPO法人海さくらも、同じ神奈川県を拠点として活動しており、この「海ゴミ問題」を正面から正々堂々と向き合い、挑戦していきます。
「川崎フロンターレ」様の皆様と一緒に海をキレイにする活動が2017年7月から出来ることを心より感謝すると同時に、神奈川県から本当に海がキレイになればと頑張っていく更に強い決意となりました。
都会で生きる僕達の生活の中で、自然との距離が広がっていくことを実感しています。湘南海岸のゴミの7割が川からやってきます。川のゴミは街からやってきます。街のゴミは人の心が出します。このスタジアムのゴミも海へと続いていくのです。そして、皆様の住む街とも海は続いているのです。約12年間江の島でゴミ拾いをしている中で、ゴミのほとんどが、人間の出したものバッカリです。そして、次から次へとゴミは、やってきます。街の排水溝にタバコをポイッと捨てたら、どこに行くのでしょうか?今、海(自然)にしっかりとしたアプローチをしなければ、将来、私達が負の遺産を残すことなり、次世代にいい形で引き継いでいけない深刻な状況にあると思います。
LEADS TO THE OCEAN とは、海に続くという意味です。未来に続く海を再度、共に考えていければと思います。

日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日本財団 常務理事 海野光行

日本財団
常務理事 海野光行

私たちが住む街は、川を通じて森や里、そして海へとつながっています。しかしながらその周辺環境は今、人間活動による課題が山積しています。これまで世代から世代へと受け継がれてきた海や森といった自然、それをとりまく文化が壊されつつあります。
私たちの日常が生み出している「海ゴミ」の問題もそのひとつです。豊かな海を次世代に引き継ぐために、半世紀にわたり海の問題解決に取り組んできた日本財団は、子ども達に様々な形で海に接する機会することで海への興味を喚起し、行動を起こすためのオールジャパンで推進するプロジェクト「海と日本PROJECT」を行なっています。
この「LEADS TO THE OCEANも、「海と日本PROJECT」の一環として、それぞれ特徴を持つ仲間達と共に、身近な「ゴミ拾い」をとおして、海の国である日本において、そのつながりの大切さを認識してもらいながら、海の環境問題に取り組む一歩を踏み出してもらおうとするものです。
この活動が、受け継がれてきた環境を再生する一助となり、次世代へ引き継ぐ、その実践のための一歩になればと思っております。先のワールドカップで賞賛されたサポーターの皆さんの清々しいマインドを是非このプロジェクトでも活かしていただき、大きなムーブメントになることを期待しています。

↑ BACK TO TOP

海と日本 PROJECT

〈主催〉

  • 川崎フロンターレ
  • UMISAKURA
  • 日本財団

総合トップに戻る